ド・レペ Google Doodle 2018 ド・レペ Google Doodle

Google Doodle

ド・レペ , ド・レペ GOOGLE DOODLE ド・レペ Google Doodle 2018 ド・レペ ド・レペ , ド・レペ GOOGLE DOODLE ド・レペ , ド・レペ GOOGLE DOODLE , ド・レペ 生誕360周年 Google Doodle , De Répe Google Doodle || ド・レペ 2018

シャルル・ミシェル・ド・レペー 教育者

シャルル・ミシェル・ド・レペーは、フランスの思想家・教育者。 ヴェルサイユで裕福な家庭に生まれた。カトリック教会の司祭となるべく神学教育を受けたが、ジャンセニスムを否定しなかったため司祭に叙階されず、最終的にはアベとなる。 彼が聾教育を始めたのは、ろうの双子の姉妹との出会いだった。

ド・レペ , ド・レペ 生誕360周年 GOOGLE DOODLE
ド・レペ
ド・レペ , ド・レペ 生誕360周年 GOOGLE DOODLE

シャルル・ミシェル・ド・レペーは、フランスの思想家・教育者。 ヴェルサイユで裕福な家庭に生まれた。カトリック教会の司祭となるべく神学教育を受けたが、ジャンセニスムを否定しなかったため司祭に叙階されず、最終的にはアベとなる。 彼が聾教育を始めたのは、ろうの双子の姉妹との出会いだった。
Charles-Michel de l’Épée Google Doodle ド・レペ

ド・レペ ド・レペ GOOGLE DOODLE , ド・レペ GOOGLE DOODLEド・レペ 生誕360周年 Google Doodle ド・レペ De Répe Google Doodle 2018 Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday

ド・レペ ド・レペ ド・レペ google doodle

ド・レペ

De Répe Google Doodle 2018 De Répe Google Doodle
 ド・レペはフランスの神父で、世界で最初にろう学校を開き、手話を使った教育を始めた人物である。正式な名はシャルル=ミシェル・ド・レペで、一般にはド・レペ神父として尊敬され、彼の名を冠した通りがパリやヴェルサイユにみられる。

 ド・レペは強い宗教的情熱をもち、社会的、精神的に苦しんでいる庶民のために献身的に尽力していた47歳の頃、宗教的用事で知人の家を訪問して、初めてろうあの姉妹にめぐり合った。その出会いをきっかけに、彼はろうあ教育を試みようと決意したと伝えられている。

 ド・レペと同時代のヨーロッパ各国にはろうあ者への教育を試みた人がかなりいたが、それらのほとんどは教育方法や金銭的な行き詰まりのため失敗した。また、その中にはろうあ教育の方法を自らの優位性や利益の確保のために特定の人のみに伝えようとする人も多くいた。しかし、ド・レペはろうあ者の教育のために自分の収入と財産の大部分を注ぎ込んで、死ぬまで教育を続けたということだけでなく、教育方法も惜しみなく公開し、ヨーロッパの各国にろうあ学校の設立を勧めた。これは彼の偉大な功績だが、もう一つの偉大さが彼にはある。それはろう者はろう者としての生き方を持つべきであるという思想である。彼はろう者を教える人はろう者であるべきであると唱えたが、それほどろう者への思いやりが深い人でもあった。

ド・レペ,ド・レペ GOOGLE DOODLE,ド・レペ 生誕360周年,ド・レペ 生誕360周年 Google Doodle,De Répe Google Doodle,De Répe Google,De Répe,ド・レペ GOOGLE,2018,google,doodle

who founded the first public school for the deaf , Charles Michel de l’Épée Google Doodle

Charles Michèle de l’Epée || Charles Michèle de l’Epée Google Doodle || Charles Michèle de l’Epée’s

who was Charles Michèle de l’Epée Charles Michèle de l’Epée Google Doodle Charles Michèle de l’Epée’s google doodle 2018 Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday celebration wishes.

Charles Michèle de l’Epée , Charles Michel de l’Épée GOOGLE DOODLE || Charles Michèle de l’Epée

Charles Michèle de l’Epée Google Doodle Charles Michèle de l’Epée Google Doodle 2018 Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday Google Doodle.
#Charles_Michèle_de_l’Epée
#googledoodle #2018
24 November 2018
Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday
Charles Michèle de l’Epée,
Charles Michèle de l’Epée Google Doodle 2018

Today’s Doodle honors the Abbé Charles-Michel de l’Épée, a French educator who founded the first public school for the deaf. Dispelling the misconception that people with impaired hearing were incapable of learning, Épée developed a visual method that became the blueprint for the teaching of the deaf and that changed countless lives at a time when many deaf people were discriminated against.

“Every deaf-mute sent to us already has a language,” he wrote. “He is thoroughly in the habit of using it, and understands others who do. With it he expresses his needs, desires, doubts, pains, and so on, and makes no mistakes when others express themselves likewise.”

Charles Michèle de l’Epée, Who was Charles Michèle de l’Epée?, Everything You Need to Know, Educator Charles Michèle de l’Epée

Born in Versailles on this day in 1712, Épée was the son of an architect who studied theology and law before devoting his life to serving the poor. He began tutoring two deaf sisters who lived in the slums of Paris and who communicated through their own sign language. In 1760, he used his own inheritance to found the Institution Nationale des Sourds-Muets à Paris, a school for the deaf that was open to all regardless of their ability to pay.

Charles Michèle de l’Epée,Charles Michel de l’Épée GOOGLE DOODLE,Charles-Michel de l’Épée’s,Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday,Charles-Michel de l’Épée’s 306th Birthday Google Doodle

The French National Assembly eventually recognized him as a “Benefactor of Humanity” and asserted the rights of deaf people under France’s Declaration of the Rights of Man and of the Citizen. His school went on to receive government funding and remains open to this day renamed as Institut National de Jeunes Sourds de Paris.

Happy Birthday, Charles-Michel de l’Épée!
musi

subscribe

#CelebrationDoodle

(Visited 42 times, 1 visits today)

Comments

comments